専門分野の知識や技術を身に付けられる資格とは

試験対策

行政書士試験を受けるときには、専門的なスクールに通う人や独学で勉強をする人などがいます。その中で試験対策をするために、専門スクールに通う人が多くいます。いろいろな知識を身につける事が出来ます。

人気の資格

注目を集めている専門の仕事

安定して働ける仕事として人気があるのが、国家資格を持つ仕事です。国家試験には、危険物取扱者試験や衛生管理者試験など様々な試験があります。国家資格となるので、資格取得は難しいですが資格を取ることで独立して自分の事務所を持ち営業することができます。一般的に知られているのが、テレビのドラマなどでも度々題材とされている弁護士や税理士、行政書士などです。ドラマの影響で弁護士や税理士、行政書士を目指すようになったという人も多く、人気の仕事となっています。弁護士が法律のスペシャリストと呼ばれていますが、行政書士も法律についての知識を持っています。法律に詳しいのならどちらも同じ仕事をしているのではないかと思う人が多いでしょう。

弁護士との違い

弁護士と行政書士との大きな違いは、資格の違いです。弁護士は、司法試験と司法修習の試験を受け両方の試験に合格することで資格を取得します。法律事務全般の仕事を行なうことができます。それに対し行政書士は、行政書士試験を受けて合格すると資格取得となります。司法試験を受ける必要がありません。業務内容も官公署に提出する書類作成などと限定されています。弁護士は行政書士の仕事も行なうことができます。しかし、弁護士へ依頼すると費用が掛かってしまいます。行政書士は弁護士への依頼よりお得な費用で依頼を受けてくれることが多いです。その為、より身近な法律家として行政書士を利用する人が増えています。専門分野の知識を見に付けている行政書士も増えているので、自分の目的に合う行政書士を探すと良いでしょう。

扱える危険物

危険物の中には、ガソリンや灯油、軽油、エタノールなどの引火性液体を上げることができます。これらは、危険物乙4と呼ばれ、危険物の資格を持っていると扱うことができます。

取り組み方

衛生管理者になるためには、試験を受けることが大切です。試験では、難しい問題だけ、出てくることがあるので、勉強の取り組み型を考えることが大切です。そうすることで、基礎を固めることができます。

Copyright (c) 2015 専門分野の知識や技術を身に付けられる資格とは all reserved.